010_ポタリング

2018/03/22

獲得標高

 「獲得標高」って言葉があるみたいなんですけどね。
 
 
 ジャンルによってとらえ方(意味)が違うらしいんですが、自転車業界的には「そのルートでの上り分の高度の合計(累積)但し下り分は考慮(マイナスには)しない」ってことらしく。
 
 100m登って100m下って50m登って50m下ったら、獲得標高は150m
 
 つまり「どれだけ上り坂を頑張ったか」って事なんでしょう。(多分)
 
 
 んで、先日GoogleMapを弄っていて、ルートを設定して移動を「徒歩」モードにすると、この獲得標高が表示されるのに気づきました。
 
20180322
※こんなのがルート詳細の一番下に。 
 
 
 どれどれどのくらい上ってるんだ?と、いつものお散歩コースを設定してみて愕然とするわけです。
 
 
 勝手に「フラット40」(平らなので&ふらっと出かけられるので)と呼んでるルートが、片道二十数キロ走って100m以下なのはまぁ当然。ここは川沿いですからね。
 
 ところが、「丘を越えて云々」って言ってるルートも片道二十数キロ走って100m。ほとんど変わりないんですよ。
 
 「おかしいなぁ?丘を越えての方が全然キツいんだけどなぁ……」
 
 「だらだら上り下りする」と「上って下ってにメリハリがある」の違いなんでしょうか?
 
 
 そしてこの二十数キロで100mという数値は、ロードバイク的にはほぼ平地扱いなんだとか。
 
 
 以前ちょい覗きに行った有名な宇都宮森林公園の古賀志山林道(ジャパンカップのコース)の獲得標高が300mくらい。
 でも、実質数キロ(というかメインは1kmちょい?)なので斜度はおして知るべしです。
 
 
 先日出掛けた「ツール・ド・栃木、プレイベントサイクリング」の場合だと、1箇所だけ結構疲れる上りがあった往路が、25kmで200m弱。
 
 「シぬ!シぬ!」って騒いだ復路(の一部)が30kmで300mという辺り。
 
 むー、数値的には全然登ってないんですね。あんなに苦労したんだけどなぁ。
 
 
 どうやら俺はまだまったく「登れて」いないよう。
 
 坂道は苦手……というより「苦手」にまでも届いていないようです。
 
 
 これはちゃんと練習しないといけないですね。
 
 というのは、来月辺りに募集の始まる人気イベント「那須高原ロングライド」の70kmコースが、「30kmで700m登る。獲得標高は1,100m越え」なんですよ。
 
 
……きついですよね?これ……(汗)
 
 
 
#それともおとなしく、ほぼ平地の50kmコースにしておくか、だ……
 
 
  
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (2)

2018/02/19

初乗り!ではないけれど

 そんなわけで、この日曜日は久しぶりに早朝ポタリングに出かけまして。
 
 以前書いたとおり、これまでも日中街中ふらふらには出かけていたんですが、ちゃんとした(?)格好して乗り出したのは今年になって初めて。
 
 いや、だって寒いんですもの(弱)
 
 この日だって、自宅を出たのが朝8時。その時ガレージの温度計は0度を指してましたからね。
 
 
 さて、軽く準備運動して「よし!」って気合入れて走り出したものの、どうにも体が重いわけです。
 
 もちろん寒さのせいもあるし、上に着込んだウインドブレーカーの抵抗もあるでしょうが、やはりそれ以上に練習不足の影響が大きいようで。
 
 
 足が重い、ホイールが回せない。
 
 巡行速度なんてこれまでの5km/h落ちですよ。
 
 「これじゃ新しくしたホイールの意味が!」とか喚きながらゼーゼーハーハー走ってました。
 
 
 いつもの丘越え20kmコースを走って休憩。平均速度はやっぱり5km/h落ちという辺り。
 
 ゆっくり休んでたら体が冷えきりそうになって、「こりゃいかん!」と出発して。
 
 往きの遅れを取り戻すべく帰りに頑張る……のはヤメておきました。
 
 いや、だって寒いんですもの(再)
 
 
 やっとのことで自宅へ戻って、やれやれウエアを脱いで、そこそこ汗をかいていたことに気づかされて。
 
 あれだけ寒い寒い言っててもちゃんと汗かくんですねぇ。驚くと同時に安心しました。
 
 
 今日は往路復路共に風はちょっとだけ。天気良し。
 
 気温さえ我慢すればサイクリング日よりと言えたかも。他のサイクリストの姿も多かったです。
 
 やっぱ皆、季節問わず走ってるんですね。
  
 
20180219
※久しぶりなので心配してた膝の違和感が無くて大いに安心。でもなぁ、ペースがペースだったしなぁ……

 
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/01/18

1月も半ばになって

 あ、走ってますよ。
 ええ、相変わらずちょこちょこではありますけどね。
 
 
 2シーズン目で今更なんですが、冬は寒さと風が難敵でなかなか遠出はできません。
 
 んじゃ近場をというと、これまた日暮れが早くてねぇ。
 
 
 冬の休日、「よぉし今日は走るぞぉ!」って意気込んでもさすがに朝は無理。
 そのうち昼飯時になって午後になってとなると「でもあと2時間もすれば暗くなるし」って考えちゃうんですよ。
 
 夜は走っても楽しくないものなぁ……
 
 一応夜装備はありますけど、危ないし、何より趣味なんで楽しくなけりゃ意味がないわけでして。
 
 
 それでもまぁ、日中ちょい乗りとか、昼飯食いがてらにとか走ってます。
 
 ええ、「冬はフラペでもいいかもなぁ」とか考えながらw
 
 
※そしてそろそろ春のイベントの申し込みをなんて話も聞こえてきたり。
  
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2017/11/30

五行川サイクリングロード下見

 少し前、オートバイで北へ用足しに出た帰り道。
 とぱぱぱぱ(←空冷単気筒)と走ってる最中ふと思い出しまして。
 
 「そういえばWEBに"五行川サイクリングロード"なんてのが出てたよな」
 
 
 鬼怒川の東を流れる五行川。
 
 昔いろいろ縁のあった(?)川なんですが、確かそんなに大きい川じゃなかったはず。
 
 丁度さくら市辺りを走っていたので、そのまま向かってみることにしました。
 
 
 久しぶりの五行川は昔どおりの雰囲気で、少なくともさくら市~高根沢町辺りまではCRの雰囲気はなし。
 未舗装の場所も多い土手をオートバイでゆっくり走ります。
 
 そして芳賀町が近づくとなんとなく雰囲気が出てきて、「舗装はされてるけど車両止め」の箇所もあって。
 
 (こちらはオートバイなので)そんなところでは迂回しながらできるだけ川沿いを更に南下。
 
 「道の駅芳賀」あたりでようやく「サイクリングロード」の文字が出てきました。
 
 どうやら今のところここが北限。以北はこれから整備って感じですね。
※市町村が変わる影響もあるかな?
 
 
 これまたオートバイでは走れないので、やはり一般道を使って並走したり横断したりして様子見を繰り返します。
 
 土手上のCR、幅はかなり狭そう。自転車でもすれ違いには気を遣うかも。
 
 今現在だと交通量はほぼゼロ。走ってる自転車は無くて散歩風の人が2,3人のみ。
 
 路面はどうかな?段差はなさそうですが舗装の状態までは確認できず。この辺りは自転車で実走してみないとですね。
 
 
 しばらく走って下見は完了。
 
 先のとおり、五行川は鬼怒川の東を流れているので、ここと鬼怒川CRを組み合わせると面白いかも。
 
 どちらかを走って、適当なところでもう一方に乗り換えて。 
 この辺り、東西をつなぐ一般道には事欠きませんから。
 
 問題は休憩・補給場所が道の駅以外に見当たらないことかな?
 でもまぁ、途中の県道を選んで走ればなんとか。
 
 
 うん、いずれにせよ一度実際に走ってみるとしましょう。
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (2)

2017/10/19

秒速11.1m

 ほぼ自分の備忘録なんですけどね。
 
 先の森林公園走りへ行く途中。
 
 路面が良い直線路で、「前傾すると膝が楽」ってのを試すのに、いつもより前乗りにしてちょい頑張ったらするっと40km/h越えが出ちゃいまして。
 それも瞬間じゃなく、結構長くキープできて。
 
 「どうせ気づかない下り坂とか、気づかない追い風なんだろうな」と思ったんですが、帰りに同じ場所で(方向は逆)試したら同じようにキープできる。ってことは環境の影響ではない感じ。あれ?って思ったんですよ。
 
 もちろんこれまでにも平地で40km/h以上出したことはあります。
 
 でもそれは「瞬間」とか「ここで足が終わっていいや!」的な一発勝負的なもの。
 
 それが今回は(この先まだまだ走らなきゃいけない的な状況のもと)「するっと出て多少なりともキープ」できたわけです。 
 
 「体が出来てきた」ってほど練習してないし、やっぱり「前傾」フォームの影響なんでしょうか?
 
 膝への対応と共に、こっちもいろいろ試してみなきゃですね。
 
※でも平地30km/h巡行はまだまだ無理!
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017/08/21

北海道ツーリング恐るべし

 でまぁ、このお盆休みはオートバイで北海道へ行きまして。
 
 天気は関東よりは良し。そしてメインにしていた日の天候が思いもかけず……なんてのは、後日更新する本家サイトでお楽しみください。
#いつ更新できるかなー
 
 
 んでその初日。
 
 夕方にフェリーで苫小牧東に着いて、そこから宿までひとっ走り。
 
 いつしか日は沈み、空からは無常の雨がひたひたと、なんて状況だったんですけどね。
 
 
 驚くなかれ、この時間、この天候なのに走ってる自転車がいる。
 
 明らかに長距離仕様で荷物満載。
 
 「凄いなー」って追い越して、先のコンビニで休憩してたらその自転車も入ってきて、せっかくだからちょっとだけ立ち話。
 
 やっぱり北海道ツーリング中とのことでした。
 
 俺同様その日の宿まで行く途中だったんですが、聞けばまだ宿まで10km以上ある。
 
 オートバイでならなんてことない距離ですけどね。俺、見知らぬ土地でこの雨の夜にあと10Km自転車で走れって言われたら泣いちゃうよなぁ……
 
 
 オートバイでツーリングしているとよく「バイクは大変だねぇ」なんて言われるんですが、自転車はその比じゃないでしょう。
 
 天気はもちろん、地形とか風とか荷物とか、影響受けるところが多すぎます。
 
 その筋の人からすれば「それを楽しみに行く」のかもしれませんが、俺にはまだまだかな……
 
 
 さて、で、先の自転車の人。
 
 翌日、国道を走っていたらまたお見掛けしたりして。
 
 追い越す時手を振ったけど、さて、あちらは気づいたかどうか。
 
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2017/08/01

祝1000km

 そういえばしばらく前、エクセラレースでの総走行距離が1000kmを超えまして。
 
20170801
  
 いやぁ、やっと1000kmですよ。
 
 実質昨年末から走り出して、ほぼ半年かかりました。
 
 週に何百キロも走る人からすれば苦笑ものでしょうけれど、週末オンリー(しかもオートバイにも乗りたい)自転車乗りとしては「やっとODOが4桁になったか!」と感慨ひとしおです。
 
 
 当初「1000kmmではおとなしく乗る!」と言ってた割にブレーキとか交換しちゃったし、ビンディングも導入しちゃったし、ウエアも揃えちゃったし。
 
 んでもまぁ、こういうのも自転車の楽しみの一つ(のはず)ですからね、仕方ない仕方ない(と自分を納得させる)
 
 
 さて、とりあえずこれが一里塚として、次の目標は……イベント参加かな?
 
 
 もちろんレースじゃなくてポタリング的な奴。
 栃木県(&近県)にはこの手のイベントがたくさんあるって聞いてますから。
 
 
 大勢で走るってのは楽しそうだし、何より「皆はどれくらいのペースで走ってるのか?」がわかるわけで。
※つまり「俺はどこまで走れてるのか?」ってことも。
 
 
 イベント参加ともなれば普段の走りにも気合が入るはず。
 
 まぁ日常生活に支障がでない程度に頑張るとしましょうか(笑)
 
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2017/07/12

チャリチャリ伝説(なんだそりゃ)

 そういえば先週末、栃木県の那須で「那須高原ロングライド」なんてイベントがありまして。
 いえ、もちろん参加はしてませんけどね。

  
 前々から地元の雑誌とかFMとかで宣伝が。
 なので注目してたんですが、終了後にWEBを眺めるとなるほどなかなかに楽しそう。
 
 
 これは市民レース……ではないのかな?
 
 エイドステーション(休憩所)多数。
 結果に順付けはなくて、完走できたかどうかだけ。
 途中足きり(タイム的に)のみあり。
 
 ジョギングで言う東京マラソンとかそういう感じ?
 
 慣れ親しんだオートバイの方にはこういうイベントは無いからわからないんですよね。
※オートバイが一般道を集団で走るイベントなんて到底無理!
 
 
 速さはさておき、景色の良い場所を大勢の人と走るってのは間違いなく楽しいでしょう。
 
 イベントとしてサポートされているなら尚のこと。
 
 
 そして、どうなんでしょう?この手のイベントって、まるっきりの初心者が単独参加してもいいものなんでしょうか?
 
 
 体力・技術的に走れる走れないは当然あるとして、それ以外のマナーとか常識とか。
 
 きっと表に出てる「ルール」の他に、知っておかなきゃいけないことがいっぱいあるはずなんですよ。
 
 皆どうしてるんだろうなぁ、やっぱ「自転車に詳しい先輩」に聞くのかなぁ……
 
 
 ともあれ、何事にも初めてってのは存在するわけで、かつ「見るより参加するのが楽しい」ってのも間違いないところなわけで。
 
 来年は密かに狙ってみましょうか。 
 エンジョイ枠ってのもあるみたいですしね。
 
 そしてそう思って改めて調べると「那須のコレはあっという間に枠が埋まる」みたいなので、本気なら(?)早めに動かないといけないようです。
 
※もちろんそれに向けて本人のトレーニングも(笑)
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2017/07/04

そろそろ次の遠征予定を

 でまぁ、次の遠征は何処にしようかなーって考えてるんですけどね。
 
 
 栃木県の宇都宮近郊というのは、いつもの鬼怒川CRを含め、自転車で走るには結構恵まれてる環境だと思います。
 
 メジャールートはもちろん、ぽたぽた走れる交通量の少ない田舎道にも事欠かない。
 
 んでも偶には(ってほど回数走ってませんが)知らないところに行ってみたいものでして。
 
 ま、前回のつくばりんりんロード遠征が大変に楽しかったってのもあるんですけどね。
 
 
 さて、宇都宮の市内からちょっと移動すれば、日光や那須、あるいは宇都宮森林公園(ジャパンカップコース)なんて有名コースがあります。
 
 んでもこれらは全部山岳コース。
 俺の脚では心もとないというか大変に心配でして。できれば平地がいいなぁと。
 
 
 んで、今考えてるのが、群馬との県境にある渡良瀬遊水地と茨城県の霞ヶ浦。
 
 こちらは水場、だから基本平地になります。
 
 
 渡良瀬遊水地は比較的小さなエリアの周回なので距離の調整が効く。
 途中で何かあっても戻ってくることが可能。
 
 霞ヶ浦は一周コースなので、走り出したら止まらないぜ土曜の(略
 
 
 う~ん、渡良瀬の方が近いしお手軽なんですが、「一周」って言葉にも惹かれるんですよねぇ。
 
 これ、なんとかイチって言うんですよね?
 霞ヶ浦だと「かすイチ」かな?それとも「うらイチ」?
 
 
 現地での走行を100kmとして5時間、食事休憩込みだと7時間くらい?
 
 霞ヶ浦まで車で往復4時間、渡良瀬だと3時間半。
 
 どちらにしても朝6時に出れば夕方には戻って来られますね。
 
 どこかの週末、天気と風と俺の体調の良いときを狙ってチャレンジしてみますか。
 
 どうせならマッ晴れの中走りたいけど、この季節は物凄く暑いんだろうなぁ……
 
 
 


◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2017/05/14

祝25km/h超

 鬼怒川CR込みコース往復平均速度25km/h超え達成。
 
201705141
 
 や~、ビンディングシューズって偉大だわ~
 
 天候にも助けられたけど、四十数キロ走っての平均速度が3km/h近くも上がったもんな~
 
※その分太もものパンパン具合もハンパないけど。
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

 
 

| | コメント (0)