« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018/05/22

日光ポタリングの2、快適・奥日光

 <1の続き>
 
 「喫茶店でナポリタンを食いました!」
※そしてトンカツ浅井前は相変わらずの大行列。
 
 さて、お腹も膨れたしもう少し上りましょうか。
 
 時間はちょい押したけど、奥日光には個人的に自転車で訪問したい場所があるし、何より2時間かけて輪行して来てくれた人をいろは1本でお返しするわけにはいきませんから。
#ならちゃんと走れ→俺。
 
 
 中禅寺湖畔を出発。
 
 朝に比べて高度はずいぶん上がったけれど、気温は下がっていない感じ。
 いや、むしろ上がったかな?
 
 まぁいずれによがっちり体を動かしてるので寒さは感じないんですけれど。
※と言うかじんわり汗も
 
 
 国道120号をゆっくり北上。
 
 ここはオートバイや車で散々走っている馴染みの道路。
 平坦で楽ちんのはずと思っていたら、結構アップダウンがあったりとか。
 やっぱ自転車だと路面の上下をシビアに感じます。
 
 竜頭の滝下から先はそこそこの上りのはず。なので心配していたんですが、実際走ってみるとあっさり登れてしまったりとか。
 
 距離は短くともいろは坂とそう変わらない斜度のはずなんですけどね、人の後ろだったからかな?(ふくろうさんに先導していただきました)
 
 
 坂を登り切って、もう少しで戦場ヶ原という辺り。
 
 左手に現れたのががっちりとしたゲート。
 その向こうに続くのが(中禅寺湖の西岸にある)千手が浜への道。市道1002号線。
 
 ここ、その昔は一般道で、昼夜問わず車で日光の自然を堪能できる素敵ルートでした。
 
 その後ゲートができて一般車は通行不可になって。
 今は徒歩と自転車と専用ハイブリッドバスしか入れません。
 
※通行禁止になったのは、当時馬鹿四駆軍団が森林の中を荒らしまわったから、と記憶。
 
 この道の先、ちょい外れた場所にある小さな湖が、先に書いた「(久しぶりに)個人的に自転車で訪問したい場所」だったんですよ。
 
 
 ゲート横から中へ侵入。「あー、道が綺麗だな」
 
 段差の少ない綺麗な舗装は自転車で走ると心地良く。
 
 静かだし、ほんの時たま現れるハイブリッドバスや管理車両の他には車が通らないので走りながらの会話も可能です。
  
201805221
※綺麗な林間ルート
 

 ゆっくりペースで景色を楽しみながら走ります。
 
 「お、あれが"小田代ヶ原の貴婦人"かな?」(有名な白樺の木)
 
 
 道はちょい上って下ってまた登って。
 
 「弓張峠」を越えると、そこから先は湖(中禅寺湖西岸)へ向かっての一気下り。
 
 燦燦と降り注ぐ太陽の下、森林を縫うワィンディングを下っていくのは凄い楽しいんですが……「これ、帰りは登らなきゃいけないんだよな……」
 
 
 千手が浜へと出る手前、右側に橋あり。
 
 ここから更に山へと分け入り、自転車を置いてよいしょと歩きます。
 
201805222
※ここからは徒歩で
 

 その先に現れたのが「西の湖」
 ここが俺の目的地です。
  
 「うわー、何年振りだろう……」
 
201805223
※到着
 
 
 感慨深く湖を眺めて。
 
 いやぁ懐かしい懐かしい、昔はよく地元の仲間と遊びに来たもンだ……
 
 記憶より雰囲気が明るいのは、周囲の木々が伐採されているからかも。
 
 そしてこの場所、なぜか時々夢に出てくるんですよね。(フロイト的にどういう意味かは不明)
 
 
 自転車まで戻って、「SPD-SLの歩き心地ってどうなんですか?」とか聞きながら千手が浜。
 
 うん、ここも記憶どおり。
 
 砂浜が綺麗でハイカー多数。
 
 そしてどうだこの素晴らしい青空はっ!
 
201805224
※空と山と湖とおっさん
 
  
 ひとしきり騒いで(?)お約束画像を撮ったら、さて、引き返しましょうか。
 
 
 先の気持ち良い下りは延々の上り坂に変わります。
 
 んでも多少慣れたのか乗り方を意識したからか、さほどの苦労もなく峠頂上へ。
 
 あとは基本平たん&やや下り。
 
 天気は最高。静かで木漏れ日綺麗で路面よし。
 
 うん、ここへはまた来るとしましょう。いろは坂へのリベンジもしないといけないわけだし。
 
 
 国道へと出たら、またまた一気に中禅寺湖まで下って。
 
 その先、いろは坂の下りは上ハン下ハン切り替えながらいろいろ試してみて。
 「うーん、ハンドルとレバーの位置は悪くないけど、長時間だと首と肩甲骨が疲れるかも」
#余計な力が入ってるんだろうなぁ
 
 坂下で、先にいろは坂を激走していたふくろうさんと合流。あとは駐車場までまったりと。
 
 
 無事待っていた四輪の元へと到着。
 
 やー走った走った。そしてやっぱ下りは楽だわ(笑)
 
 ふくろうさんはこれから駅まで走って輪行帰宅。
 
 いや、ホントお世話になりました。
 ってか遠路はるばる来てもらって、素人のペースにお付き合いいただいて申し訳なかったです。次回までにもう少し精進しておきますですハイ。
 
 
 今日のコースは60kmと俺には丁度良い感じ。
 
 いろは坂はなんとか休憩なしで登れるようにならなきゃいけないし、奥日光の道は走りやすくて景色いいし。
 
 このコースは何度か通ってみなきゃですね。
 
 
 <余談>
・アドバイスに従って千手が浜からの帰りはサドルを5mm上げてみたり。これでショップで合わせてくれた高さに戻ったかな?走った感じは調子良し。
・今日も1日を通して膝はまったく問題なし。ひゃっほぅ(喜)
 
201805225
※そして俺のポタリング用ジャージが森林迷彩であることも発見。(撮影:ふくろう氏)
 
 
 
 


 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/05/21

日光ポタリングの1、いろは坂・玉砕

 というわけで、日曜日に日光いろは坂チャレンジに出かけました。
 
 えー、最初に言っておきます。
 
 玉砕しました。
 
 黒髪平までで4回休みました。
 
 「誰だ、いろは坂なんて初心者でも楽々ですよなんて言ってた奴は!」
#人のせいにしないように
 
 
 ★
 
 
 朝、自転車を積んだ車で日光へ。
 
 昨夜来の強風は今も健在で、路肩の木々が大きく揺れていたり。
 
 気温も低めで車の外気温度計はずっと13度のまま。
 
 それでも空は真っ青で、太陽がギラギラ照り付けて。
 
 うん、これなら今日はお出かけ日和と言っていいでしょう。
  
201805211
※山が綺麗でした。
 

 日光清滝の駐車場に車を止めて自転車を組み立てて、今日の装備をどうするか考えます。
 
 風はちょい落ち着いてきたかな?でも気温は低いまま。
 
 短パン生足じゃきびしいかも?と7分インナーを追加。

 上半身はいつものコンプレッションインナーと街乗りポタリング用ジャージで。
 
 
 実は今日は一人ではなく、遥々輪行して来てくれたふくろうさんが同行してくれるわけでして。
 
 ふくろうさんにはオートバイでも一緒に遊んでもらっているんですが、自転車では相当のレベル。
 
 あちこちのレースを仮装して荒らし回っているとかいないとかイカとか。
 
 なので今日はいろいろと教えてもらいましょう。
 
 そしてそれだけでは申し訳ないので、こちらからは選んで着てきたらしいジャージに一切触れてあげないというプレーをプレゼント。(をい)
 
 
 自転車を見比べながらいろいろ話。
 
 やーやっぱ経験者・実力者の話はタメになりますね。特に「誰もが通る道」的な部分、そして客観的にどうか的な部分でも。
 
 昨日セッティングを変えたハンドルはそう悪くなさそうで。
 
 サドルが低めかも?と指摘されたんですが、「ええ、膝のせいで今はちょい下げなんですよ。でもそろそろ戻しても大丈夫かも」
 
 
 「さて、日差しは最高だし、行きますか!」
 
……それっと2台で走り出した……までは良かったんですけどね。
 
 
 どうにも足が重い。息が切れる。
 
 清滝からいろは坂入り口の馬返し駐車場までは、若干の登りではあるもののわずか4km。
 なのになぜかへとへとになってしまったわけです。
 
 「いろは坂」標識の画像を撮るのを名目に休憩。「うー、なんだろう、この疲れというか息切れは?」
 
 ふくろうさん曰く「アップが足りないのかも?」
 
 いや、そう思って朝のうちに駐車場の周りを5kmくらい走っておいたんですけどねぇ。
 
201805212
※二人だと撮ってもらえて嬉しい(でも既にヘトヘト)
 
 
 手前でこの状態なので、メインのいろは坂でどうだったかはおして知るべし。
 
 コーナー4つくらいしか登っていない、通称ショートストレート(命名俺)辺りで心臓がバクバクになってしまい停止。
 
 雑談で誤魔化しながら落ち着けて動き出すも、すぐ先の通称ロングストレート(命名俺)で再停止。
 
 走ってる最中、心臓・肺に負担をかけまいと回転落とすと、今度はモモがパンパンに。
 
 もちろんギアは最初からインナーロー。
 
 
 その先のインナースペース(命名俺)、更にその先の路肩と停止を繰り返して。
 
 あー情けない情けない。この前はぎりぎりとはいえあの古賀志山も登れたんだけどなー。
 
 ヘトヘト状態で黒髪平へと到着。「誰だ!いろは坂なんて初心者でも(略)」
 
201805213
※ヘトヘトなう
  
201805214
※画像でもジャージには寄ってあげないプレー
 

 雑談という名目の休憩中、ふくろうさんにいろいろと相談。
 
 基礎体力と技術が無いのは仕方ないとして、いつもと違う点といえば、走り出す前に「今は前乗りが主流なんですよ!」と教えてもらった&ヒルクライムだからとサドルの前を意識していたことくらい。
  
 んー、でもこれ、心臓バクバクとは関係ないですよねぇ……
#ま、練習不足ですな
  
<俺メモ:サドルの前に乗ると大腿四頭筋、後だとハムストリング>
 
 
 その先、明知平までは斜度が落ちるのでなんとかなりました。
 
 途中で消費してしまった水分を補給して、サングラスをズラしてトンネルをくぐって、中禅寺湖畔へ着いたのは予定より30分遅れ。
 
 「飯食いましょう飯!昼飯食って休憩しましょう!」(早いよ)
 
<2へ続く>
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/05/19

STIポジション

以下、取りまとめる前のメモとして。

■STI(レバー)の位置

・下ハン時に指がかかりやすく。またシフトチェンジ的な動きにならないように。
 (上ハン時は問題なし)

・レバーはもう少し外(開く側)か?

・レバーを外に出すためには、ブランケットを内向きにする必要かある?
 (取付位置の関係で「ひねり」が入る?)

・下ハンの奥で握った時、手首が楽になる角度はどこか。

※以上、急下り坂対策として。
 
20180519
 
 
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/05/14

さかみちちゃれんじ(予定)

 というわけで、ここに書いたとおり、次のイベントは「那須高原ロングライド」になるわけです。
 
 自分で参加登録しておいてアレですが、ここ、基本的にヒルクライムイベントなんですよねぇ……
 
 
 上り坂が苦手なのは相変わらず。となれば練習するしかないわけでして。
 
 
 んで、そんな意味も含めて、まずはこれまた先に書いた日光いろは坂に出かけてみることにしました。
 
 メイン部は距離8km、獲得標高500m、斜度5~9%
 
 ベテランさんにはなんてことない坂でしょうし、あちこちのBLOGにも「初心者にもお勧めできる」とか書かれてますけど、俺は騙されませんよ。
 なにしろオートバイやら車やらで散々走り回って(?)コースは熟知してますからね!
 
 そしてオートバイで走っていて自転車を見かける毎に「何が楽しいんだろう?」と思ってましたが、まさか自分も登ることになろうとわ。
 
 
 スケジュールは未定ですが、さほど遠くないので「あ、今日天気いいから行ってみよう」になる可能性が大です。
 
 そうそう、無事いろはを登りきれれば、更にその先戦場ヶ原辺りまでは行ってみたいところ。

 昔よく走ったけど今は自転車(か公共機関)でしか行けなくなった場所を訪れてもみたいですしね。

  
※金精峠までは行き(け)ません!
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/05/08

第10回うつのみやサイクルピクニック2018参加

 そんなわけで走ってきました、うつのみやサイクルピクニック。
 
 エントリーしたのは、More Ride 75キロコース
 
 平地メインなので距離は問題なさそう……かどうかは、(最近好調ではある)膝の具合次第ということで。
 
 ☆
  
 
 当日、早起きして自転車積んである車運転して会場の宇都宮ろまんちっく村に着いたのが6:30am
 
 スタートが8時過ぎからなのでさすがに早すぎました。
 
 んでも、準備が進んでいく様子を駐車場の端から見てるのはなかなかに面白かったです。
 
2018050801
※青空万歳

2018050802
※今日のボトルはジャパンカップ仕様
 
 
 天気は朝から素晴らしい晴天で。
 
 気温ばっちり、暑くなく寒くなく、風はそよそよ。
 
 絶好の自転車日和。さすがは天下御免の晴れ男(俺)
 
 
 開場後は、ステージ見てキットカットのつかみ取りやってコーヒー頂いて。
 
 キットカット山盛りは嬉しかったんですが、遠い駐車場組や自走組はこの包みをどうしたのやら。
 
2018050804
※会場うろうろ
  
2018050803
※この気温ではチョコレートが……

2018050805
※例に寄ってスタートゲート前には本気組のバイクが
 
  
 予定通り、8時から100km組スタート。
 
 そのすぐ後ろに並ぶことが出来たので、俺のスタートは75km組としてはほぼ先頭の8:30というあたりでした(よな?)
 
 
 俺にとって2回目のサイクルイベント。
 
 うきうきと、最初は同じコースを走る100km組に混じって走ります。
 
 地元在住でコースはほぼ知ったエリアなんですが、(普段は通らない)交通量の無い田圃の中にルートが設定されているので新鮮でした。
 
 
 先の通り、晴天&風そよそよで素晴らしく気持ちよく。
 
 そして、「あ~、集団で走るのってやっぱ楽だわ~」
 
 ホント、大勢だとなんでこんなに楽に走れるのか不思議でならないんですけどね。
 
 
 気持ちよく走って、20kmポイントの最初のエイドはこれまた勝手知ったる道の駅。
 
 小さなおにぎりと饅頭を頂いて。
 トマトも冷えていたけどとりあえずはパス。
 
2018050806
※早めに着いたので混雑は少な目……かな?

2018050807
※おいしゅうございました
 
 
 疲れは無かったし、いつぞや宇都宮ブリッツェンのGMが「休みすぎると疲れるぞ」って言われていたので、10分くらいでさくっと出発します。
 
 それに今回のイベント、75kmには足切り(途中タイムオーバー)もあるって聞いていますからね。
※これも考慮して先頭出発だったりも。
 
 
 40kmポイントの次のエイドは温泉施設。
 
 満を持してここで栃木県名物のいちご登場。あとバナナといなり寿司。
 やー、やっぱ果物は嬉しいわあ。
 
 暑さ対策に会場の隅で霧を浴びれるようになってたけど、さすがにそこまでの暑さではなし。
 
2018050808
※気温上がってきました

2018050809
※おいしゅう(略)

2018050810
※そう、この後来る人まだまだいますから
 
2018050811
※さすがにまだこれを使うほどでは

 
 この辺りから風がやや強くなってきて。
 
 セミとはいえディープホイールは横風におっとっととか。
 
 そして、「やっぱ集団は楽だわー(再)、風がある時には特に感じるわー」
 
 そうそう、初めて見たんですが、電動のシフトチェンジってチュンチュン言って格好いいですねぇ。(←周りに多かった)
 
 
 お次のエイドでは、これまたお待ちかねの(水)餃子、そして半冷凍のブルーベリー。
 旨いんだなぁこれが。
 
2018050812
※日影だ日影だ

2018050813
※持ちきれず置きました

2018050814
※冷たいもの万歳
 
 
 出発。その先がこのコースで唯一の上り坂らしい上り坂。
 
 うーん、やっぱり坂は苦手かも。それでも多少は慣れたのかそこそこのペース(俺基準)で上がっていけました。
 
 「でもあと1枚ギアがあればもっと楽に登れるんだろうな……」
 
 
 坂をクリアしてほっとして。
 
 前も感じたうちのバイクの走行抵抗の少なさは健在、今回も下りで前のバイクにするする追いつきます。
 「ホイール換えたからどうかな?」と心配してたんですけどね。
 
 そして調子に乗って、ツールド日光でもやった「前のグループまで勝手にアタック!」で遊んでみたりとか。
 
 
 一旦ろまんちっく村を通り越して、最後の大谷エイド
 
 GWということもあり、大谷は既に観光客で大混雑。駐輪場まではバイクを押して歩きます。
 
 ここでは飴やらドーナツ(?)やらの甘いもの系に加え、おにぎり・スープ的炭水化物。そしてもちろんイチゴもと大盤振る舞い。
 
 やー、このエイドに寄れるコースを選んで本当に良かった。
 
 もう足切りポイントは過ぎたのでちょいゆっくりとしていきましょう。
 
 そいうえば今日の各エイド、お囃子をはじめとした地元の応援がありました。嬉しいですねこういうのは。
 
2018050815
※ここまでくるとさすがに混雑が

2018050816
※大谷大仏

2018050817
※全部は貰いきれません

2018050818
※でもイチゴは忘れずに
 
 
 あとはロマンチック村へ戻るだけ。
 
 「ご~る!」
 
 75km無事走り切れましたぁ~
 
2018050819
※ゴ~ル!(の後) 
 
 平均速度は22km/hプラスという辺り。これはツールド日光の時とほぼ同じかな。
 
 ☆
  
 
 というわけで、さすがに評価の高いうつのみやサイクルピクニック。
 
 エイドの充実はツールド日光以上で、噂にたがわぬ充実ぶり。
 
 イベントのブログの画像がエイドの食べ物で埋まるってのがわかった気がしました。
 
 次回参加する那須高原ロングライドも評価が高いので期待大ですね。
 
 
 そして今日は、1日走って膝がなんともなかったのが何より嬉しいことでした。
 
 ホント全然痛みが無くて、「これなら100kmコースでも回れたかな?」と思うくらい。
 
 いやまぁ、70km走った後にゴルフ場脇と古賀志山の激坂2つ連荘(←これが100kmコース)ってのはさすがに無理ですけどね。
 
 
 坂と言えば、ちょいきつめの上り(俺基準)をそれなりに登れたのも多少は自信になったかな?
 
 「那須高原ロングライドもこれくらいの斜度だったらいいのになぁ……」 (無理です激坂です)
 
 
2018050820
※参加賞に入っていたサービス券はヤキトリに化けました。
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »