04_技術・体

2017/11/21

膝痛からの内反測定&カント調整

 ええ、膝痛は相変わらずなんですよ。
 
 
 何度目かになりますが、ここまでの流れを言うと、
 
・長距離走ると右膝の外側が痛む。20kmくらいでも出ることがある。
・クリート位置をいろいろ変更→治る。
・今度は左膝外側に同じ症状が。
・クリートを右と同じに調整→治らない。
 
……こんな感じですね。 
 
 で、この辺りで一度測定してもらおうと思いました。
 
 
 「膝の外側が痛い」のは「腸脛靭帯炎」って奴で、主たる原因はO脚ガニ股。あとは股関節が固い事や足首の内反。
 
 俺は直立するときちんと左右膝が付くのでO脚ではなし。
 意識してガニ股乗りをしないようにしていても症状あり。
 股関節はジムでストレッチを入念に実施中。
 
 なので、次は足首を診てもらおうかなと。
 
 
 足首の内反ってのは、直立した時に足裏の内側(親指側)が必要以上に浮く(傾いている)状態。
 
 どのくらい傾いているかは、専用の機器で測ることができます。
 
 機械で測れば、傾きと共に左右で違いがあるかどうかも判るでしょう。
 
 
 早速ショップへお願いして測定、その結果は……「異常ではないですね」
 
 内反の角度は5度前後と「気にするほどではなし」
 左右の違いも無し。
 
 うーん、これが原因じゃなかったのか……
 
 
 ショップの方にお話を聞くと、他に原因があるとすれば左右の足の長さの違い。
 
 確かにこれはあるかも?なんですが、何しろ症状が途中で右膝から左膝に切り替わってますからねぇ。
 
 
 ともあれ、せっかく測っていただいたので、対応するBikeFitのカント調整具(ITSウェッジ)を購入しました。
 
 内外で厚みの違う板をインソールの下に入れて、先の内反の影響を減らそうという奴です。
 
 「気にするほどではなし」なので一番薄い(角度のない)板。
 結構いいお値段がするんですよね、こんなペラペラのプラ板が。
 
 でもまぁ、これが1セットあればあとで自分で厚み調整もできますから。
 
20171121
※長さが短い側が厚くなってます 
 
 厚いほうを内側にしてシューズのインソール下に収めて、履いてみてきつさも問題なしっと。
 
 そして実際に走ってみた結果は……やっぱり変わりなし!
 
 ええ、しっかり違和感・痛みがでましたとさ。
 
 でもまぁ、「足首の内反ではない」のは判ったのでそれだけでも。(ポジティブシンキング)
 
#右は治ったんだから左もなんとかできるはずなんだよなぁ……
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (2)

2017/10/10

膝痛再考

 もうこのブログに「膝痛」っていうカテゴリー作ってもいいんじゃないかと思うんですけどね。
 
 
 前回は大丈夫だった膝、これがこの日曜日の朝練でまた左側に痛みが出まして。
 
 20kmくらいで違和感が出て、それがじわじわ大きくなって……なんてのはこれまでと同様。
 つまりまぁ、インソール交換もあまり効果はなかったのかなと思います。
 足裏の感触は良いのでこのインソールは使い続けますけどね。 
 
 さて、「んじゃいよいよカント調整か」って話になるところだったんですが、ちょいと待てよと。
 その前に確認しとくことがまだあるんじゃないかなと。
 
 
 考えてみると、最初に痛んだのは右の膝で、それも結構な距離を走った後のみ。
 
 これはビンディング調整で治った「ような気がする」
 
 代わりに左膝が痛くなって、ビンディング調整して、多少は楽になった「ような気がする」
 
 いろいろやっちゃったんで、ここいらで一度リセットしてみてはどうかなと思ったんですよ。
 
 
 祝日の月曜日、出発前にビンディングを再調整。
 
 痛みのない右は、
・今、つま先開きになってる角度をゆるく、まっすぐ目に。
・ペダル幅(Qファクター)は広げたまま。
・クリート位置をやや踵側に。
 
 痛みの出てる左は、
・つま先はまっすぐ。
・ペダル幅(Qファクター)は広げたまま。(右と同じ)
・クリート位置をやや踵側に。(右と同じ)
 
 つまり、なるべく「普通」に近づけてみました。
 
 
 この日はいつもとコースを替え、ペースを気にせずゆっくり走ります。
 
 実は途中で結構頑張らされたりもしちゃったんですが、詳細はまた別の時に。
 
 
 で、70kmほど走り、その結果は、
・右:問題なし
・左:20kmで違和感発生。但し痛みには変わらず
……でした。
 
 つまり右の「つま先を開く角度」はあまり関係なかったということになりそう。
 これは真っすぐになるにこしたことはないのでありがたい発見です。

 そして問題の左。
 
 何も解決になっていないように見えるんですが、新しい発見が一つありました。
 
 それは、「前傾姿勢で頑張る時には痛くない」
 
 
 平地を流して走っている時に違和感があっても、上り坂で前傾になると痛くない、頑張れる。
 
 これまでは「頑張ると痛い」ような気がしていたんですが、どうやら逆だったよう。
 
  
 うーん、楽してると痛いってのはどういうことなんでしょう?
 
 もしかして体の柔軟性とかが影響?いや、確かに俺、体は固いんですよね。
 
 
 フィットネスジムに通っててそこそこ柔軟体操はしているものの、下半身の固さは折り紙付き。
 
 そしてそう思ってWEBを検索すると、なんかそれらしい記事も出てきたりします。
 
 
 なので、まずは自分の体を調整してみようかなと思い始めました。
 
 普段の柔軟体操と、走る前のストレッチと。
 
 とりあえず「痛くなりにくい姿勢」が判ったので、これからは膝痛が出ても対応はとれるかなと。
 なのでいろいろと試してみるとしましょう。
 
※まぁずっと前傾ってのもそれはそれできついんですが(笑)
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

 

| | コメント (0)

2017/09/25

膝痛再び

 日曜日は朝練に出まして。
 
 この日は天気が良くて風も無し。
 
 絶好のポタリング日よりだったんですけどね。
 
 
 15km走ったあたりで、またも左膝に違和感が。
 
 いや、これは間違いなくツールド日光の時の再現ですわ。
 
 
 以前出た膝通は右側で、これはクリートとサドル高を調整して解消。その後問題なし。
 
 なので(ツールド日光の経験を踏まえ)今日、出がけに左のクリートを右同様に修正してきたばかりなんですよ。
 
 具体的には、より幅広に、つま先開きに。
 
 そして違和感が出たってことは、それが効いていないということで。
※サドル高は当然左右共通。
 
 
 「うーん、どうしよう?」
 
 
 結局この日は40kmほど走って、膝は「痛い」じゃなく「違和感」のままで終わったんですが、もうちょい距離が伸びたらどうなるか。というか、確実に痛みに変わる予感がしてます。
 
 
 あれこれ調べた対策としての手は、もう「シューズ:インソールのカント調整」くらいしか残ってないんですよ。
 
 んでもこれも泥臭い手法(?)でねぇ……
 
 
 でもまぁ、カント調整の前段階として、インソールだけ交換してみましょうかね。
 
 ジムで使ってるシューズでも、インソール交換したら足裏の痛み(というか豆)がずいぶん違ったし。
 
 「はー、また散財だー」
 
※高いのは買わ(買え)ないんだけど(笑)
 
 

20170925
※そういえばすっかり秋の空でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング


| | コメント (0)

2017/06/29

脛に傷持つ身(違)

 なんかねぇ、脛……というか、右のふくらはぎが汚れるんですよ。
 
 
 レーパン(&タイツ)姿で走るようになってから気づいたんですが、ポタリングから帰ってくると大抵ふくらはぎの内側、一番ふくらんでる辺りに黒い汚れが付いている。
 
 汚れはもちろんチェーングリスなんですけどね。
 
 
 確かに長いパンツを履いていた冬場にも汚れはあったんですが、ま、長ズボン(ふくらはぎ部はベルクロ留め)だし仕方ないかなと思ってたんですよ。
 
 でも、素足でも汚れる。
 
 これはチェーン、もしくはクランク(スプロケ)に触ってるってことですよね?
 
 
 走ってる最中気にしてみたものの、特に触れてる気配はなし。
 
 んでも安心して走ってて、ふと気づくと汚れてる。
 
 「声はすれども姿は見えず、ほんにあなたは屁のような」 (なんじゃそりゃ)
 
 
 「この辺りにフォームの乱れが」とか「停止・発進時に触っちゃうのか?」とかいろいろ考えたりしてます。
 
 特に実害は無いんですが、何かの前兆というか結果だったとしたら原因知っておいた方が良いかなと。
 
 単に俺のふくらはぎが太いだけの話だったらそれでいいんですけどね(笑)
 
#まぁ細くはないと思うんだけど。
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング


| | コメント (5)

2017/06/26

膝の痛みの確認と朝練と

 土曜日は早起きして朝練(?)に出かけまして。
 
 
 いや、日曜の天気予報がいまひとつだったのと、日中ヤボ用があったんで朝しか時間取れなかったんですよね。
 なら朝飯食うのを兼ねて出るのも面白いかなと思いまして。
 
 
 出発は6時過ぎ。
 
 空は雲多し、微風。
 向かうは鬼怒川CRじゃなく、いくつか丘を越えてモーニングのあるお店まで。
 
 今日のチェックポイントは、前回調整した膝痛の対処がどうなのか。
 
 なのでちょっとだけペースを上げて走ります。
 
 んでも朝一で体が起ききっていないのか調子はいまひとつ。平地でも前回みたいな30km/hキープなんてのは全然無理で、アゲては休んでの繰り返し。
  「でも丘越えだけは頑張るぞ~」(俺基準で)
 
 
 お店に到着。膝異常なし。
 
 よしよしとモーニングをがっちり頂いて。
 あ、レーパン姿でお店に入るのもだいぶん慣れてきましたよ!
 
 帰りも膝を気にしてたんですが、そこそこのペースでも痛み出す気配はなく無事帰宅できました。
 
 
……というわけで、今日の走行距離は40km前後。
 
 短めではありますが、ペースアゲめで走っても大丈夫だったから多少は良くなったかも。
 内股を意識して走った影響もあるかもですね。
 
 クリート位置変更は特に違和感なし。
 
 ただサドルは元の高さの方がこぎ易いかも。いまひとつしっくりこないのでここは要検討。
 
 この設定でもう1、2回、それなりの距離・ペースで走って、それで大丈夫ならOKってことにしましょうか。
※そしてその後、1つ1つ元に戻してみる、と。
 
 
 いや、それにしても、朝走るってのは気持ち良いですね。
 
 風気持ちいいし、交通量少ないし。
 
 ま、田舎なんで日中もそんなに交通量はないんですが(笑)
 
 これからの暑い時期は朝練メインにしようかな?
 今回も帰り途中から青空&気温急上昇したので油断は禁物ですけどね。
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング


| | コメント (0)

2017/06/19

膝の痛みとライディングフォームと(の2)

>それにしても一番の問題は、とにかく70km以上走らないと症状が(略)
 
……とか書いたのがいけなかったのかどうか。
 
 
 先の週末、久しぶりに鬼怒川CRに行きまして。
 
 この日はそれはもう素晴らしい天気。風もそよそよとポタリングには最高の日和。
 
 よっしゃぁと出かけて、あまりの気持ち良さにペースも上がり気味。
 俺としては「凄いスピード」の30km/hをキープして走ります。
 
 そしていつもの往復40kmコースじゃ物足りず、Uターン場所を越えて先へ……までは良かったんですけどね。
 
 
 35kmほど走ってコンビニで休憩。
 
 この時、ふと膝に違和感を覚えまして。
 なんかこう「これから痛くなるぞ!」な雰囲気がふつふつと湧き上がってくる。
 
 「ヤバいかな?」と多めに休んでUターン。
 もちろん帰りはペースを落としてゆっくりと。
 
 
 ところがまぁ、途中で予想通り膝が痛み出します。
 しかもりんりんロードの時と違って、右足だけじゃなく両膝(の外側)が。
 
 行きに飛ばしすぎて太ももはパンパンだし。
 その上お腹までゴロゴロいいだして。
 
 「膝が足が腹が……」って大騒ぎ。
 ええ、もう最後の10kmなんて地獄のようでしたよ。
 
 鬼のような形相で自宅へたどり着いたんで、ご近所で変な噂が立ってなきゃいいんですが。
 
 
 でまぁ、「ペースを上げると短距離でも膝が痛む」「しかも両膝」ってのが判っちゃったんですけどね。
 
 
 今回、前に書いた対処法は未対応。(短距離だからと油断した)
 
 なので、最初の対処として、サドルを5mmほど下げました。
 
 クリート調整は、踏み位置をつま先よりにして、かつ足間距離を広げる感じに。
 ついでに右足はちょいつま先が開くように。
 
 一回にいろいろやっちゃうとわけ判らなくなる危険性があるんですが、今回は原因究明じゃなく対処が目的ですからね。とりあえずやれること全部やってみようかなと。
 
 膝痛は翌日もちょい残ったのでテスト走行はできておらず。
 
 さて、これで良くなってくれればいいんですが。
 
※WEBをいろいろ調べたんだけど、まるっきり逆のこと書いてあったりするんだよな。
 

20170619
※鬼怒川土手に新規導入されてた草刈りシステム。もりもり除草中でした。
 
 

 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

 
◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (2)

2017/05/26

膝の痛みとライディングフォームと

>ま、確かに俺はO脚気味ではあるんですよね。クリートの調整で改善される場合もあるそうなので調べてみようと思ってます。
 
……というわけでその後いろいろ調べてみました。
 
 
 まず、先の
> 痛んだのは右ひざの外側、皿の下あたり。
 
 これであれば、原因として可能性が高いのはやはり「O脚ガニ股」だろうということで。
 通ってるフィットネスジムの大きな鏡の前でチェックしてみます。
 
 「う~ん、そうでもないな……」
 
 踵をあわせて直立すると、きちんと左右の膝が付く。
 膝下にもちゃんとスペースができる。
 
 全然O脚じゃないんですよ。
 
 
 それじゃぁと鏡を正面にしてのランジ。但し筋トレ的じゃなく力を抜いた自然なフォームで、つま先をまっすぐにして。
※あ、「ランジ」ってのが何なのかは各自検索してみてください。
 
 すると、「あー、なるほどなー」
 
 左足が前のランジは、膝がつま先と一直線(同軸)になる。
 でも右足のランジは、膝がずいぶんと内側に入ってくる。
 
 ランジのポジションって自転車のペダルの軌跡に似ているらしく、このフォームになるってことは右だけ変なローテーションをしてるって予測ができるわけです。
 
 どうやらこれが右膝の痛みの原因……なのかな?
 
 まぁ直接の原因かどうかとは別に、左右で動きが違うってのは気になるんですけどね。
 
 
 さて、それではどうするか。
 
 
 「どうしてこうなるのか?」はひとまず置いとくとして。
 
 ランジでなら、意識してさえいれば右膝を真っ直ぐに持っていくことが可能です。
 なのでまずは乗車中にこれを意識してみようかなと。自分の体が真っ直ぐにできるならそれが一番ですから。
 
 
 次にハンドル。
 ポタリングで症状が出た後、前傾きつめにして乗ったら痛みが和らいだんですよ。
 だからハンドルを下げてみようかと思います。ロードのフォームにも多少は慣れてきましたから。
 
 ここまでで直れば万々歳。左右均等の設定で乗り続けることができます。
 
 
 ダメならクリート。
 足(つま先)を真っ直ぐではなく、若干外側に開くと自然に膝が正面を向く。なので右のクリートを曲げてみればいいんじゃないかなと。
 
 あとWEBで「シューズにカントを付ける」(シューズインナーの内側を底上げ)なんてネタもありました。
 これは(これで解消したとしても)後々まで影響が残りそうなので最後の手段にしときましょう。
 
 
……とまぁ、いろいろ考えてみました。
 
 対応は時間が取れた時にボチボチと。
 どれで治るか(治らないか)、さてお立会い。(をい)
 
 
 それにしても一番の問題は、とにかく70km以上走らないと症状が(略)
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


  

| | コメント (0)

2017/02/21

♪手放しだってできちゃうのよ

 ようやく……「両手放しができるようになりました~っ!」
 
 や~進歩進歩。
 最初は片手離しすら危うくて、走ってて鼻がかゆくなってもなかなかかけなかったですからねぇ。
 
 以前書いたとおり、これまでジムで体幹とか鍛えてるつもりでいたんですが、やはり「それはそれ、これはこれ」のようでして。
 バランスって難しいですねぇ(しみじみ)
 
 
 尤もオスプレイと一緒で(?)ハンドルから手を離してから上体を起こすまでがまだまだ不安定。
 フロントがフラれてよろよろしたりもしています。
 
 体を起こしきってしまえば、そのままこぎ続けるのはそんなに問題はなさそう。
 
 もちろんCRとかの見通しが良くて飛び出しの危険の無い場所限定。
 そして無風の時だけしかできませんけどね。
 
 
 <余談>
 「自転車の両手離し運転って法律的にどうなのよ?」という意見もあると思うんですが、ここではあくまで技術的にということで。
 
 
 
 これで走っている最中の給水もできる…かな?
 
 今はボトルは使ってなくて、ケージに入れた500ccペットボトルを休憩時に飲んでるだけ。
 だから走ってる最中飲む必要性は無いんですけどね。
 
※ま、必要性は別にして、できる技術だけは持っておかないと。 
 
 
 さて、ものの本によるとハンドルバーの上あたりの空間に手を置いて走る「エアハンドル」ってのがあるそうなんですが、なるほどこれもバランスが鍛えられそう。
 
 もう少し走りこんだらチャレンジしてみましょうか。
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

| | コメント (0)

2017/02/07

膝は真っ直ぐニー?

※駄洒落だよ!
  
 
 でまぁ、土曜日は50km弱走ってきまして。
 
 
 場所は例によって鬼怒川CR(の途中まで)
 
 天気が良くて気温もほどほど。何より無風だったので安心して(?)走れました。
 「は~や~く~暖~かく~な~れ~」とか呟きながら。 
 
 
 んで、この日はちょいとペダルの回し方を気にしてみたり。
 
 俺、基本的にガニ股なんですね。
 
 靴も踵の外側が減る。それでいて親指の付け根辺りも減る。
 これ、最近の格好いい言い方だとオーバープロネーション?(よく知らない)
 
 ものの本によれば、自転車は膝をまっすぐにして(正面を向けて)ペダルを回転させるのが良いらしいじゃないですか。
 
 それからすると俺はちょい膝が開き気味のような。
 
 そして曲がってると「膝を壊すぞ!」って脅かされることも多く。(何にだよ)
 
 
 なので、意識的に「内股」になるように乗ってみました。
 
 腿をトップチューブにこすり付けるような雰囲気で。(あくまでも雰囲気で)
 
 
 結果は……んー、悪くはないんですが、だから何か変わったってのも無さそうですね。
 
 
 やっぱ一度誰かにちゃんと見てもらったほうが良いのかな?
 
 最初のうちに変な癖つけちゃうと後に直すのに苦労するってのは、オートバイで散々経験済みですから。
 

#太ももは仕方ないとして、ふくらはぎにも疲れが出るってのはやっぱ走り方が悪いんだろうなぁ…(「基礎ができてないから」を含む)
 
  
 
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

| | コメント (0)