030_パーツ・メカ・メンテナンス

2018/09/26

バーテープとかハンドルとか

 「そういえばバーテープ汚れてきたなぁ」とか。
 雨で乗れないのでガレージに掛けた自転車見てて思ったんですけどね。
 
 
 時々クリーナー吹いて汚れは落としてるんですが、じわじわと灰色が広がっているような。
 
 まぁ白いバーテープだから覚悟はしてますけれど。
 
 
 で、「バーテープの巻き方も勉強しなきゃ」と思いつつ、「どうせならハンドルも交換しちゃおかな?」な欲求も頭を過ぎってきたりとか。
 
 
 今のハンドルに関しては、
 
・下ハン握ってる時にもう少しレバーが近くなれば
 
・同じく下ハン時にもう少し首が楽にならんかな?
 
・もしかして今の幅って俺には狭くない?
 
……なんて辺りが懸案ポイント。
 
 
 今のハンドルは400mmのアナトミックシャロー(多分)
 
 これはこれでスタンダードらしいんですが、他のも試してみないと良い悪いは言えないわけです。
 
 
 「どーしよーかなー、買っちゃおうかなー」
 
 交換作業自体は(多少オートバイを弄っているので)あまり心配はなし。そして自転車は(一部ハイエンドを除くくと)パーツがお手頃に感じちゃうんですよねぇ……
 
 
 とかとか、乗って走れないと雑念が増えて駄目ですね。
 
 早く晴れてくれないかしらん。
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/08/08

サイクルコンピュータ・センサーの位置

 いえ、大げさな話じゃないんですがちょいと気になりまして。
 
 前輪にセンサーを取り付けるタイプのサイクルコンピューターなんですけどね。
 
 
 ホイール(スポーク)に磁石を付けて、フォークにセンサーを付ける。
 
 この時、センサーは、フォークの前後どちらに付けるのが良いんでしょう?
 
20180808
 
 CATEYEの説明書によれば後側。俺も今ここに取り付けてます。
 
 んでもこの位置だと、何かの拍子にセンサーが内側に入るとスポーク巻き込んじゃうんですよね。
 (ホイールの回転方向に向かい合う位置なので)
 
 これはちょい危ない気が。
 
 センサーの固定はタイラップなので「がっちり固定」ってわけじゃないですから。
 
 なので今もホイール脱着時にはセンサーの角度に気を付けるようにしているんです。
 
 
 んでこれ、反対側(前側)に付ければ、スポークが当たっても弾かれるだけだから比較的安全なんじゃぁ?と
 
 そう思ってWeb探すと、こっちに付けてる人も結構いるんですよ。
 
 
 でもよくよく考えると、前からの風圧をモロに受けるから抵抗がとか、振動が加わると(フォークが傾いているので)内側に回りやすいかもとか。
 
 
 うーむ、どちらが正解……というか好みの問題なのかなあ?
 
 まぁ初心者の俺としては、当面マニュアルに従おうと思ってはいますけどね。
 
 
※決して後輪に取り付けるタイプのケイデンスメーター付きに買い替えるための伏線ではない……はず。
  
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (6)

2018/08/06

テールランプ、ミラー、使ってみた

 前回書いた保安部品。
 
 週末につらつら走ってみた感想なんですが。
 
 
 ミラーは結構使えます。

 直接的に見える範囲は狭いんですが、顔の方を動かしてやれば大丈夫。
 
 「あ、さっきコンビニから出てきたロードが後ろに迫ってきてる!」とかがよく判ります(笑)
 
 いや、振り返らなくていいってのは気楽ですね、バランス崩す心配もないし。
 
 
 テールランプの方はまだまだこからということで。
 
 そして気づいたんですが、前回アップしたこの画像
  
 201507304
 
……だと、留めバンドの端が太ももに当たっちゃいますね。ちゃんとトップチューブ側に回すようにしましょう。
 
#この手のバンドは余った部分を(調整分を残して)切っちゃう事が多いんだけど、弄らず長く伸ばしておいた方がいいんだろうか?
 
 
 それにしても日中は暑すぎて走る気にならず。というか走ると体が壊れる気が。
 
 夜間練習を本気で考えてみましょうか。
 
 
  
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/07/30

保安部品拡充(テールランプ、ミラー)

201507301
※キャットアイ、OMNI5テールランプとバーエンドミラー
 
 
 ロードバイクに余計なパーツは不要!ではあるんですが、保安部品の類は当然必要なわけでして。
 
 
 ベル、テールライト(反射板)、そしてヘッドライト。
 
 この辺りは各種イベントでも必須装備になってます。もちろん一般道を走る時にも。
※ヘッドライトは暗い場所を走らないなら(法律上は)不要だった気も。
 
 当然、うちのロードにも付けているんですが、先日のポタリングの際「テールランプ小さくないですか?」と言われちゃいまして。
 
 サドルバッグ付属の小型LEDランプは、スマートで割とお気に入り。
 
 基本夜走らないので効果はさほど気にしていなかったんですが、今後はわからない。
 それにトンネル走る時には必須ってのも判ってきました。
 
 なのでこの機会に大きいのに換えてみました(というか追加しました)
 
201507302
※これまで使ってたこのタイプは小さなLEDが3つのみ
 
  
 購入したのはキャットアイの汎用品。
 
 ロードバイクにはちょい大きすぎる気がしないでもないんですが、ま、その分安全と考えれば。
 
 これなら今まで付けてた反射板は外しても大丈夫かな?
  
201507303
※おお明るい明るい
 
201507304
※縦に付けるのもアリかな?と思いました
 
 
 もう一つはバックミラー、これもキャットアイ。
 
 バーエンドに付けるタイプです。
 
 実際どれくらい見えるかは疑問ですが、「何か来てるかな?」な時にちらり確認できれば十分かな。
 
201507305
※イベントで付けてる人結構いました
 
  
……というわけで、これで夜もより安心して走れるようになったはず。
 
 この夏は日中が暑すぎるし、夜乗り出してもいいかもですね。
 
#別途、100均で点滅するタイプのLEDランプ買ってみようかな?ヘルメットに取り付ける用として。
 
 


◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/17

ミノウラ チェーンローラー (CR-100)

 「こんなものがあったのか!」シリーズ開始 (なんじゃそりゃ)
 
 うっしゃぁ!と気合を入れて自転車を洗う時、ホイールを外してフレームはひっくり返しているわけですが、これだとチェーンが洗えないわけです。(リアホイールが外れてるので)
 
201807171
※こんな感じで
 
 なのでまずスプロケを綺麗にして、ホイールをフレームに付けて、それからやっとチェーン洗い。
 
 んでもそうすると、せっかく綺麗にしたスプロケにチェーンの汚れが付いちゃうんですよね。
 
 まぁ仕方ないかなと思ってたんですが、よもやこんなパーツがあったとは。
  
201807172
※外したリアホイールの代わりにセット。ローラーはチェーンを掛ける用 
 
 
 名称的には、チェーンローラー、チェーンキーパー、チェーンフック等々
 
 要は、スプロケの代わりにチェーンを保持してくれるパーツです。
 
 
 右側のみに付ける片持ちタイプと両持ちがあるけれど、圧倒的に両持ちが便利。
 
 なんてったって、このタイプだと車体をスタンドで立てておくことができますからね。
 
※「洗う」的な意味ではフレームごとひっくり返した方が良い場合もありますが、「そうでなくても良い」ってのは凄い便利でして。
 
201807173
※この状態でクランクを回すことが可能

 
 車体を立てて、なおかつシフトチェンジができる。(ディレイラーが動かせる)
 
 チェーンを動かしながら洗うことができる。
 
 スプロケ(リアホイール)とチェーンを別々に洗えるので、汚れが互いにつかない。
 
 「やー、これ便利だわー、もっと前に知りたかったわー」 (ホントホント)
 
 
 弱点としては、リアホイールを外す時の定番ポジション「アウター・トップ」だと何故かチェーンがローラーにかからないこと。
 なのでギアを2、3段落としておく必要があります。
 
 あと、クイックリリースは同じ形状のはずなのに、スタンドの「かかり」が妙にゆるく感じる事。
 あまりガチャガチャ作業はしない方が良さそうです。
 
 
 ともあれ、大変に便利なのは間違いなし。
 
 そしてこの手の(俺が知らない)便利ツールってのはまだまだありそう。
 
 念入りにネットサーフィン(古)しなきゃですね。
 
 


◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/02

チューブ修理(後)

<続き>
  

>さて、んじゃモノが届いたらやってみましょうかね。
 
……って、意気込んでたんですけどね。
 
201807021
※届きました
  
 
 「ホントに貼るだけかよ!」
 
 
 説明書を読んでびっくり。
 
 貼る場所に段差(バリ)がある場合には付属の紙やすりで削る必要はありますが、あとは裏紙剥がしてチューブに貼るだけ。
 
 まンまステッカー……というか絆創膏レベルの気軽さです。
 
 
 あまりの簡単さに念の為にとWEBを調べても、「進行方向にひし形になるよう当てる」「貼ったらしっかり空気を抜く」程度。
 
 やー、これは簡単ですね。これ、オートバイにも使えないかな?
 
#自転車の方が空気圧圧倒的に高いし、イケそうな気はするんだけど。
  
 
 どれどれと穴の場所を確認。(バルブからの距離で覚えておきました)
 
201807022
※ここですね
 
 
 見つけた穴の周りを掃除して、紙やすりで段差とって、半透明のシールを貼って。
 
 あとは指でしごいて空気を抜くだけっと。
 
 「よーし!」とポンプで軽くエアを入れて確認……プシュー……
 
 ありゃ?漏れてる?
 
 
 慌てて貼った場所を確認したんですが、ここは大丈夫そう。
 
 「?」ともう一度エアを入れると、プシューは違う場所から。
 
 え?なんでこんなところに穴空いてるの?
  
201807023
※指先のつなぎ目部分から 
 
 
 掃除して紙やすりかけてシール貼ってしごいて。
 
 軽く空気を入れて……プシュー……
 
 ありゃ?漏れてる?(再)
 
 
 なんと、計3か所に穴が開いてましたとさ。
 
 
 うーん、同時にまったく別の3か所がパンクするってのは考えにくいし、ならもっと一気に空気抜けてたはずだし。
 (現地ではスローパンクチャー気味)
 
 となるとチューブ外す(タイヤの内側から引きはがす)時かなぁ?
 だとすると、現地で(チューブ交換じゃなく)穴補修しようとする時には気を付けてやらないと。
 
 
 ともあれ、貼ったパッチからはエア漏れも無く、修理は上手くできた様子。
 
 思いがけず3枚使っちゃったけど、残ったパッチは紙やすりと一緒に工具ボトルに入れて積載しておくことにしましょう。
 
 
201807024
※ケースから出すとコンパクトになるし。
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング


| | コメント (0)

2018/06/27

チューブ修理(前)

 というわけで先日、初の(出先での)パンク&修理を経験したわけなんですけど。
 
 パンク修理と言いつつ、この時は実質チューブ交換。
 穴の開いたチューブを持ち帰ってきて、さてと考えるわけです。
 
 「これ、修理しなきゃもったいないよな」
 
 「パンクしたチューブは即廃棄」という人もいるようですが、一般庶民的にはちょい気が引けるところ。
 
 買うと結構いい値段がするわけだし、何よりこれ、そんなに距離乗っていないチューブですからね。
 
 ここは経験値を上げるためにも修理(穴ふさぎ・パッチ当て)をやっておくべきでしょう。
 
 
 さてその修理道具。ママチャリチューブ(?)対応のゴム糊的な修理材は持っています。
 
 MTBもこれで何度かパッチ当てした記憶が。
 
 でもWEBを見るといろいろと情報が出てくる。
 
 ロードバイクのチューブの素材はラテックスかブチル。
 そして軽量ブチルなんてのもあって、俺が使ってるチューブ、R'AIRはこれに該当するよう。
 
 それぞれの素材に薄いとか軽いとか伸びるとかいろいろな特性があって、昔ながらの「ゴム糊塗って乾いたらパッチ当てて叩いて」が使える場合とそうでない場合がある様子。
 
 ま、入れる空気圧も要求されるバランスもママチャリの比じゃないですからね。
 
 
 どーしよーなかーと考えたんですが、新たに専用品を購入することにしました。
 
 モノはこれ。
 「パナレーサー パンク修理 イージーパッチキット RK-EASY」
※画像無しで失礼
 
 先のどの素材でもOK。
 名前に「イージー」とありますがちゃんとした恒久修理で、一度直せば以後手間なし。(とのこと)
 
 値段も安いのでいそいそと購入。
 
 さて、んじゃモノが届いたらやってみましょうかね。
 
<続く>
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018/06/11

サドル後退

 サドルを5mm後退させました。
 
 ステムを伸ばして以降、ちょい腰を引くと乗りやすい&楽(?)なことが判ったので、それにあわせてみようかと思いまして。
 
 ええ、この手の調整にはお金がかかりませんからね。(そしてすぐ戻せる)
 
 
 作業自体はサドルのボルト2本を緩めて締めなおすだけ。
 
 
 でも、動かす基準が判らない。
 
 サドル下の取り付けバー(?)この右側にゲージが付いているんですが、ポスト側にマーキングがないので今いくつの設定になってるのかが判らない。
 
 それともそもそもこういうものなんでしょうか?
 絶対値じゃなく「今の位置からこのくらい」という相対的に調整するもの?
 
 
……とか首をひねりながら動かします。
 
 とりあえず取り付け基部左端と「1」のマークが合っていたので、これを「1.5」にまで後退
 
 これで5mm後方になりました。
 
 そして同時に角度(前後上がり下がり)も調整。
 というか、ボルト緩めちゃうと動くので否応なしに調整しなきゃいけなくなるわけです。
 
 「サドルは水平が基準」と聞くので、スマホに水準器アプリをダウンロードして。
 
 スタンドを外して前後輪接地させて。
 
 そしてこれがまたどこで測るかよくわからない。とりあえずサドル先端と尻が当たる辺りで測っときましょう。
 
 固定したのは前下がりが1度以下の位置。予定通りほぼ水平っと。
 
 
 翌日、50km程走ってみて。
 
 「うん、変わった。そして楽かも」
 
 平地巡行の時はピンとこなかったんですが、一旦立ち上がるとその後座る時の収まりがいい感じ。
 
 下ハン握った時は今まで以上に楽。
 
 これならもう少し後にしてもいいかな?でもいきなりそんなに動かしちゃっていいんですかね?
 まぁステムはいきなり30mm延ばしちゃいましたけど。
 
 
 そんなわけで、もう一度乗って同じ感想だったらもう5mm下げてみようと思ってます。
 
 これで坂も楽になると良いんですが……上り坂は基本前乗りだから関係なさそうですよねぇ?
 
※でもシッティングでの上りは尻がちょい後ろの方が楽な気もするんだよな(ぶつぶつ)
 
 
 
<2018/6/25追記>
 サドル再々後退。現在初期より15mm後退。
 
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/05/19

STIポジション

以下、取りまとめる前のメモとして。

■STI(レバー)の位置

・下ハン時に指がかかりやすく。またシフトチェンジ的な動きにならないように。
 (上ハン時は問題なし)

・レバーはもう少し外(開く側)か?

・レバーを外に出すためには、ブランケットを内向きにする必要かある?
 (取付位置の関係で「ひねり」が入る?)

・下ハンの奥で握った時、手首が楽になる角度はどこか。

※以上、急下り坂対策として。
 
20180519
 
 
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

| | コメント (0)

2018/04/23

ステム交換とハンドルポジション (乗車編)

 というわけで、ステム長を90mm→120mmへ変更後、乗っていろいろ試してみます。
 
 試した距離は70kmほど。山岳部分ありで……の詳しい内容はまた別途ということで。
 
 
 さて、まずポジション的には、「うん、ハンドルが遠いわ」
 
 
 当たり前ですが、確実に遠くなりました。
 
 30mmってのはやっぱ結構違いますね、以前のようにSTIの先端を持つこともなくなりました。
 
 ハンドルが前に出た分、体の前傾がきつくなりはしたものの辛いというほどのことはなし。
 
 そして一般的にステムが伸びると、ハンドルの切れが鈍角になって車体が安定志向になるらしいんですが、俺の走りでは特に感じるところはありませんでした。
 
 平地での巡行は……もしかするとちょっとだけ楽になったかも。
 
 なんとなくですが、ペダルへ体重を掛けやすくなった気が。
 
 でもこれは風とか路面の傾きの影響の方が大きいので、後々いつものコースでチェックしてみましょう。
 
 意外だったのは、ダンシングがし難くなったこと。
 
 し難くというか、車体を振りにくくなった、かな?
 
 これも前傾姿勢の影響かもしれません。ま、ダンシングはダンシングでこれも練習しなきゃいけないんですが。
 
 
……というわけで、驚くほど良くなった点もないけど悪くなったこともなし。
 
 なのでしばらくこの仕様で乗ってみます。
 
 
 あ、あとハンドルの回転なんですが、実際に下り坂(それも急坂)で乗ってみると「ん~、もうちょい回したい~」な印象も。
 
 でもこれ以上回すとブラケット握りが浅くなってしまいそう。この辺りもこれから調整していきましょう。
 
 
#おじぎ乗りも試してはいるのだけれどこれはこれでなかなか……
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング

 

| | コメント (0)