03_メンテナンス

2017/06/21

ハンドル下げたは良いけれど

 凄い単純な疑問なんですけどね。
 
 
 先日、ハンドルを下げようと思いまして。
 
 いや、前傾姿勢もそこそこできるようになったし、スピードが楽に上がるってのにも気づいたんで一度試してみたかったんですよ。
 
 
 マニュアルとWEBで下調べして作業開始。
 
 ステムのトップカバー(?)外して、ステムの固定ボルト(?)外して抜き取って、コラム(?)に差し込まれてた5mm厚のワッシャ(?)抜いて。
※?=正確な名称を知らず
 
 後は元へ戻すだけ、だったんですけどね。
 
 ハンドルを5mm下げたのに、コラムのトップとステムがツライチ(?)になってる。
 
 つまり今までは、ステムのトップが5mm上になってたってこと。
 
 さて、そうするとこの外した5mmのスペーサーはいったいどうすればいいんでしょう?
 
20170621
※見事なツライチに
 
 うーん、ハンドル下げたバイクでよく見る、コラムが飛び出た形になると思ったんだけどなぁ?
 
 ともあれ、わざわざトップカバー下に付ける意味も無さそうなんで取り外しました。
 
 
 ロードバイクって構造が比較的単純だから弄るのにそう苦労はないんですが、「そうある意味」ってが判ってないととんでもない勘違いしそうで怖いんですよ。
 
 そしてこの手の意味ってのは、なかなかWEBでは調べられないわけでして。
 
※「そうある意味」と共に、「業界一般では何が格好良いと思われてるのか」も、かな。
 
  
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

◆↓「初心者サイクリストランキング」に参加中↓◆

初心者サイクリストランキング


 
 
 


| | コメント (4)

2017/05/31

MTB(ARAYAマディフォックス)にも洗車を

 休日。洗車用品も揃ったし、自転車の構造の基本もなんとなく見当がついてきた気がするので、あらためてMTBも洗ってやることに。
 
 MTBというのは、以前もちょい書いたARAYAのマディフォックス。
 
 買った当初は川の土手を走ったり滑ったり転げ落ちたりしていて……ってのももう20年以上前の話。
 なんてったって1992年のモデルですからね。
 ※ま、型遅れの在庫品で買ったんですが。
 
 今はスリックタイヤを履いて、近隣のお買い物に活躍中。
 時々見てやってはいるものの、一度本格的に綺麗にしてやりましょう。
 
 
 車体逆さにしてホイール外して……なんて手順はロード(エクセラレース)同様に。
 
 うん、一見綺麗ですが、さすがにあちこち傷がありますね。
 
 特にスプロケット周りにはガリ傷多数。
 「そうだよなぁ、チェーン暴れたり外れたり、結構ガシャガシャやってるもんなあ」
 
 鉄(メッキ)部分にもところどころに錆び。
 
 塗装もくすんでしまっている部分あり。
 
 この辺りは後日あらためてなんとかしてやりたいところ。
 
 
 尤も基本的な部分がちゃんとしてるのはさすがというかなんというか。
 
 ホイール(のハブ)だってくるくる回って引っかかりなし。
 
 そういえばこのバイク、確か(転んで)スポークが1本曲がって直してもらった以外修理した記憶ないんですよ。
 さすがは昔の本格MTB車。
 
 
 スプロケをピカピカに磨いて、チェーンをガシャガシャ洗ってグリス塗って。
 
 ちょい気になっていたシフトは、メンテ本片手にディレイラーを調整したらカチンカチンと入るようになって驚いて。
 
 「よーし、綺麗になった&気持ちよく動くようになった!」
 
 
 もう少ししたら、専用工具買ってもう一歩踏み込んだ整備をしてやりましょう。俺の自転車整備スキル向上を兼ねてね。
 
 
20170531
※なんとなく始めたので画像無し。なので以前のポタ画像でも。

 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

| | コメント (0)

2017/03/31

ブレーキキャリパインプレ、BR-6800

……というわけでいそいそと出発。
 自宅近辺を5kmほど周回します。
 
 
 うん、良いですね。
 
 絶対的な効き自体はあまり変わらない気がするんですが、そこに至るまでのコントロールに柔らかさが出たというかなんというか。
 
 例えば、これまでが、1~2~10!と効いていたとすれば、
 今回は、1~2~4~7~10、な感じ。
  
 オートバイの油圧ブレーキを横置きからラジアルポンプにした時と似てるかも。(難解)
 
 コントロールできるようになった分、入れる力も軽くなった……かな?
 
 まぁこちらはブラケット(STI)を再調整した影響のほうが大きいかもですが。
※レバーをできる限り近くしました。←目いっぱい握ってもハンドルに当たらない範囲で
 
 
 そういえば、新しい船付きシューの当たり面積は、見た目Tiagraシューより小さいような?
 これでこの効きって事はやはり材質から違うんでしょう。
 
 
 以前、ママチャリに追い越されながら下った坂も、これならママチャリ並みには走れそう。
 
 下ハンドル持てばもっと安定するんでしょうが……ま、これは精進精進っと。
 
 
 うん、これなら交換した「かい」はありましたね。そして、
 
 「カッコ!アルテグラ!」 (これが言いたかった)
  
20170331
 
 
<余談>
 ワイヤーアウターを交換したリアブレーキ。
 よく「ワイヤーの初期伸び」とか聞きますが、これは「ワイヤーアウターの縮み」の影響のほうが大きいとかなんとか。
 なのでテスト走行時に何度かガツガツブレーキかけて負荷を加えてみたりして。
 今後遊びがどうなるか、確認していくとしましょう。
※本当の初期伸びチェック&調整はショップでやってもらっちゃったし。
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

| | コメント (2)

2017/03/29

ブレーキキャリパ交換作業、BR-6800

 それではと交換作業。
 
 まずは現キャリパーの取り外し。
 
 ワイヤー外して、調整ネジ(?)のところを抜こうとして、先端が引っかかって。
 ああ、このワイヤーの先端の奴、外さないといけないのね。再使用できるんかしらん。
 
201703291
※ペンチで膨らませ(?)たら綺麗に外れて再使用もOK。後で色つきの奴に交換してみようとか思ったり。
 
 ワイヤーを外すとキャリパーががくっと開くので、ぶつかるところにウエスを挟んで傷防止に。
 
 本体はフォーク後部のボルト(ナット?)1本外せばでOK。
 締め付けトルクはさほどでもなし、手ごたえを手ルクレンチで締める時用に覚えておくべし。
 
201703292
※ハンドルを切って作業…ってのはいうまでも無し。
 
 外したキャリパーをしげしげ眺めて掃除して。
 これはしっかり保管しておきましょう。
 
201703293
※お疲れお疲れ。
 
 新しいキャリパーは取り付け前に全体にシリコンスプレー。但しシューには付かないように注意すべし。
 
 新しい取り付けボルトは数種類付属していたので、前と同じサイズをチョイス。
 
 軽く仮止めした後、手でシューをぎゅっと閉じておいて本締め。なるほど、こうするとキャリパーのセンターが出るんですね。
 
201703294
※実際にやってみると理屈がわかるコツっていいなー
 
 同じくぎゅっとしたままワイヤーを仮セット。
 
 シュー位置の調整。
 ホイールの辺り面にきちんと当たるように位置を修正。 
 
 調整はボルト1本。
 ホイールの当たり面外周から1mmくらい内側に。
 
201703296
※この辺りですかね?
 
 そしてこの時、シューの後ろ側だけにビニールテープを張っておいてみたり。
 
 なんでもこうしてシューにトーイン(四輪用語?)を付けておくと「鳴り」の可能性が減るのだとか。
 「引っ張られる側が先に接触すると良い」ってのはこれまた納得できる理屈だったり。
 但し、あまり角度をつけると接触面が減ってしまう(はず)なので注意っと。
 
201703295
※まぁ気休めみたいなものですが。
  
 これで大枠のセットはOK。あとは自分の好みに微調整。
 そしてこの作業が面倒だけど楽しいんですよねぇ。
 
 
 後ろキャリパーも前と同様に。
 
 そしてワイヤーを仮止めしようとして気づきます。
 「あ、ダメじゃん、届かないじゃん」
 
 ワイヤー(のアウター)の長さが調整ネジぎりぎりで、この角度では正常に引けないわけです。
 なるほど、これが噂に聞く「ワイヤーアウター不足」って奴なんですな。
 
201703297
※どうみても無理な長さでして。
 
 いそいそとショップへ出かけてアウターを購入。
 シマノの良い奴(多分)を50cm買って百数十円、ホント自転車のパーツって安くて助かるわぁ…
 
201703298
※実際に使ったのはこのくらい。(新旧比較) 
 
 ちなみにアウターのカットは普通のニッパで大丈夫。
 
 切り口が丸くなるような専用のカッターもあるそうなのだけれど、普通に切ってその後切り口を調整すれば問題なし。
 それに元々付いていたアウターだってそんなに綺麗な切り口では(略)
 
 ちょっと長すぎたか?と心配しながらセット。
 うん、ワイヤーの遊びは減ったけれど、使う分には問題なし!
 
201703299
※こんな感じに仕上がりました、
  
 
 これまた微調整して交換作業は完了。
 
 家の前をぐるぐる回って確認。うん、大丈夫そう。んじゃテストライドにでかけますかね。
  
2017032910
※よしよし…
 
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

| | コメント (0)

2017/03/24

ブレーキキャリパ購入、BR-6800

 はい!買いました!(お約束)
 
 前回騒いだブレーキ、とうとう購入してしまいました。
 
 「だってぇ、1万円ちょいで前後キャリパーがまるっと(略)」
 
 
 購入したのはタイトルのとおり、シマノのULTEGRA(アルテグラ)BR-6800
 
 これまた予想通り、今のTiagra(ティアグラ)BR-4700の「2つ上のグレード」になります。
 
20170324
 
 
 見た目のイメージは……ほぼ変わりなし?
 今と色合いも似てるし、Tiagraだって充分な高級感がありますからね。
 
 機能的には、シューが例の「船付き」に変わっているのと、ブレーキアーム(って言うのかな?)が2軸になっていること。
 
 この構造でより無駄無くシューをホイールに押し当てることができる…のかな?
 きっと全体の剛性もあがってるんでしょうね。
 
 
 さて、交換はショップにお願いしても良かったんですけど、せっかくなので自分でやってみることに。
 
 ええ、「ブレーキは乗り物の最重要項目!」なのは重々承知してるんですが、オートバイでも似たような作業したことあるし、自分の好みがなんとなく判ってきたところでもあるし、ここいらで経験値を上げておきたいなと。
 
 下調べは主としてWEBで。
 但し玉石混交なのを忘れないように。
 
 実際の交換作業等々についてはまた後日、さー、どんな風に変わるか楽しみだー!
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

 
 

| | コメント (0)

2017/03/16

蟲は騒ぎ続ける 【物欲の】

 以前書いたこれ、実はブレーキなんですけどね。
 
 
 これまた以前も書きましたが、とにかく効かない・効かせられない。
 下り坂が怖くて仕方が無い。
 
 とにかく今までMTBで「ひゃっほぅ~」って下ってた坂をじりじりのろのろ下りてますからね、それこそママチャリに追い越される速度で。
 
 
 ショップで調整方法教えてもらってレバー位置(ふり幅)変えて、更に自分で調整しなおして、ある程度改善はされたもののまだまだ効かない・満足できない。
 
 あ、「効かない」って書くと語弊がありますね。
 がっちり握ればちゃんとタイヤはロックしますから。
 
 
 問題なのは、
・ブラケット握りだと効かせるのに力が要る。
・下ハンドルだと握りにくい&コントロールが難しい。
…ってこと。
  
 ド初心者の俺としては「きっとハンドルの握り方が悪いんだろうなぁ」とあれこれ調べて試して。
 
 でもどうにもピンとこない。
 
 そして例え俺の操作の問題だとしても、そんないろいろ考えなきゃうまく使えないブレーキってのはどうなんだろうと思ってしまうわけです。
 
 「俺が」「俺のやり方で」「俺の自転車に乗って」不満があるなら改善しなきゃいけないだろうと。

 まあうちのロードに付いているいるコンポ(シマノTiagra4700シリーズ)は一応最新型なので、そんな変なもののはずは無いんですけどね。
 
 
 
 さて、対応方法はとりあえず2つ。
1:ブレーキシューを上位機種に換える
2:ブレーキキャリパごと上位機種に換える
 
 
 今のコンポ、ティアグラのブレーキシューは樹脂製だそうでして。
 これに対し上位機種では、背面にカートリッジ(船)が付いていて全体の剛性を上げているそうでして。
#シューの材質も違うのかな?
 
 オートバイの方でもブレーキパッド(≒シュー)の影響は非常に大きくて、効きやタッチの向上が見込めるのは経験済み。
 
 そしてキャリパーの交換は更に影響大。

 オートバイでキャリパーを換えた日には、峠を走るペースすら変わっちゃいますからね。
 
 
 ざっくり調べた範囲では、1、2、とも互換性の問題はなし。
 
 となるとあとは対費用効果。
 
 ハードウエアのみの実売ベースだと、1なら3K円、2なら7K円
 そして2の上(なんじゃそりゃ?)だと10K円ちょい。
 
 
 これ、凄いと思いませんか?

 ええ、オートバイのパーツが馴染みの俺としては、「ブレーキキャリパーを前後まるっと換えて1万円ちょいで済むだとっ!」ってガタっと立ち上がっちゃうんですよ。
 
 
 なんとなく、2とか2の上に行っちゃう悪寒がひたひたと。
 
 そして「換えもてさほど変わらなかったら悔しいよなあ…ならまだいいんじゃない?」という貧乏神もひたひたと。
 
 
 さて、どうしましょうか。
 
 自分的に「1000kmまでは四の五の言わずにひたすら走る!」と決めてはいる(た)んですけどねぇ 【再】
 
  
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

| | コメント (2)

2017/03/03

蟲が騒ぐ 【何かの】

 いえね、去年「ロードバイク買った!」って言ったら、かなりの数の方から言われたんですよ。
 
 「あれはヤバい」
 
 「ハマる」
 
 「底なし沼だ」
 
 そうか、そんなに熱中しちゃう人が多いのか…と思ったらちょっと違うよう。
 
 どうやら、乗り始めると自転車のグレードアップ(パーツ交換)が止まらなくなる話のようでして。 
 
※まぁこれも熱中の一つではあるんでしょうけど。
 
 
 でも俺は心配してなかったんですよ。
 
 根っからの貧乏症なんで、ろくに使わず交換しちゃうってのはもったいなくて仕方が無い。
 
 スタンダードで付いてるパーツを味わいつくすにはまだまだかかるだろうから、交換なんてのは先の先の話と思っていたんですけどね。
 
 
 なんかね
 
 最近ね
 
 交換したいなと思うパーツが出てきちゃったりなんかしちゃったりなんかして。
 
 
 今のところは昔なじみの貧乏症が「ここは俺に任せて先に行け!」ってやってるんで大丈夫ですが、この先暖かくなってくるとどこまで持ってくれるやら。
 
 自分的に「1000kmまでは四の五の言わずにひたすら走る!」と決めてはいるんですけどねぇ。
 
 
※そして一旦歯止めが無くなるとその後は止めどなくという危険性が……
 
 
 

◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


| | コメント (0)

2017/02/19

洗車侮ってません

 んで、とうとう(?)洗車を致しまして。
 
 わからない事は相変わらず多いんですが、ヤバそうなところは判ったし、ま、とにかく実践してみましょうってことです。
 
 
 最初にチェーン。
 
 ホイール側を段ボールでカバーして、オートバイで使ってるブレーキクリーナー(パーツクリーナー)で洗ってやって。
 
 なるほど、「まだ綺麗だな」って思ってたチェーンもよくよく見ると砂やらなにやらで汚れてるものなんですねぇ。
 
201702181
※amazon箱の活用例
 
 
 前後ホイールを外すのは問題なし。
 
 フレームは逆さにして立てておいて。
 
 
 ホイールはワコーズのラスペネで磨いて。
 
 ブレーキシューの当たるところ(なんで言うんだろ?)だけはブレーキクリーナーで脱脂。
 
 でね、ここに結構傷があるんですよ。
 
 特にこのピンホールみたいになってるのはどんな原因なんですかね?
 何か噛みこんだとかなのかな?
 
 とりあえずは「できるだけ」綺麗にしておきましょう。
 
201702183
※これなんですけどね
 
 
 リアスプロケットはラスペネ染み込ませたウエスを挟んでキコキコと。
 
 「をを、ラチェット機構だから楽に磨けるってのはこういう事なのか!」とか感動しながら。
 
 ここも磨いたらピカピカになって、意外に汚れていたんだなと。
  
201702182
※楽しい楽しい
 
 
 フレームは基本拭くだけ。
 
 これまたオートバイで使ってるプレクサスが大活躍。
 
 裏返しにしておくと普段見えない下回りも綺麗にできて良いですねぇ。
 
 
 フロントスプロケットも拭くだけで大丈夫だったんですが、意外だったのはリアのディレーラー。
 これがねぇ、凄い汚れてたんですよ。
 
 黒い塊というかカスというか、オートバイのドライブスプロケによくある感じの汚れ。
 
 グリスがホコリを呼んだ感じだから、新車時特有の現象なのかも。
 
 とりあえず汚れだけ拭いておいて、余計な注油とかは無しにしておきましょう。
 
201702184
※左側の奴が特に汚れてました
  
 
 ホイール付けてチェーン張って、これだけは専用品を買っておいたチェーングリスを塗って拭いて。
 
 家の前をぐるぐる回りながら全部のギアにチェーンをかけて、これでスプロケへの給脂もOKっと。
 
 
 これで全部OK…かな?
 
 走行距離はまだ500kmくらい。なのに駆動系がそこそこ汚れていたのでこれからチェックしていかなきゃですね。
 
201702185
※よしよし
 
 
 
 
 
◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


| | コメント (2)

2017/02/10

洗車侮るべからず

 それでね、わからないんですよ、ロードバイクの洗車方法って奴が。
 
 
 よく、バシャバシャ水掛けて洗って流して「う~ん!気持ちいい!」なんてのを観るんですが(どこで?)本当にあんな風に洗っちゃっていいの?って思うんですよ。
 
 
 毎度同じで恐縮ですが、俺はエンジン付きのオートバイの方には一家言ありまして。
 こっちの洗車についてなら多少わかるつもりでいたりします。
 
 
 ただ、これをそのまま自転車に適用していいかどうかわからない。
 
 洗うときに気をつける外装(フレーム)、駆動系、ブレーキ系、なんて分類は同じといえば同じなんですけどねぇ。
 
 
 一番わからないのがチェーン(とディレイラー)
 
 
 オートバイだとチェーンには2種類あって、それはシールありとなし。
 
 シールありのチェーンに有機溶剤を使うとシールが溶けてしまうの必ず専用品を使うべし!ってのがよく言われる注意点なんです。
 
 んで、自転車は当然ノンシール(のはず)
 
 だとすれば、何も考えず灯油とかCRC5-56とかで洗っちゃっても大丈夫…なのかな?
 
 
 ディレイラーとかスプロケットについても同様なんですが、こちらは一部オイルシールやらベアリングやらが入っていそう。
 
 ならオートバイ用のチェーンクリーナー(シールあり用)を使うべきか?それとも専用品でないといけないのか。
 はたまた中性洗剤で気長にやるべきなのか。
 
 「油汚れは油で落とせ!」ってのが俺的基本。でもそもそもロードバイクの駆動系の汚れってのが油かどうかもわからないし…
 
 
 んで、この辺りの基本的な事って調べてもなかなか出てこないんですよ。
 
 
 自転車の洗車を説明してるサイトは山ほどありますが、曰く「水を使いたくないならこのケミカル!、水洗いするならこのケミカル!」なんてのばっかりで、なぜそのケミカルを使うべきのか・そのケミカルの持つ機能(謳い文句じゃなく)が出ていない。
 
 理由・意味さえわかれば、あとは自分で判断できる気がするんですけどね。
 
 
 フレームはいくらでも綺麗にできる(塗装面の磨きは車もバイクも同じ)として、走りに一番影響するのはチェーンをはじめとする駆動系のはず。
 
 このあたり、もうちょっと調べてみないとですね。 
 
 とりあえず、初心者向けの洗車セットでも買って勉強してみましょうか。
 
 
#でも一式セットだと不必要なものが山ほど含まれている…ような気がする…
 

 
 
 ◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


| | コメント (4)

2017/01/27

メンテ ブレーキレバー

 最初のポタリングから一ヶ月後、この間走った距離は300kmちょい。
 
 うん、初心者ホリデーサイクリストにしては頑張った方じゃないでしょうか。
 
 というわけでショップへ持っていって初回点検をお願いします。
※この辺りもオートバイと同じかな。
 
 
 ざっくり見て頂いて特に異常はなし。
 ボルトの緩みとかケーブルの伸びとかもさほどではなかった模様。
 
 で、気になっていたブレーキについて相談してみました。
 
 内容的には、
・ブラケット持ちだと力が要る。
・下ハンドル持ちだとレバーが遠い、そしてコントロール性が今ひとつ。
 
 これへの対策として、まずはブレーキレバーを近づけてみることにしました。
 
 ブラケットの位置を変えるとかハンドル回すとか他にも方法はあるそうなんですが、とにかくまだ俺の乗り方が決まっていない(というかどう乗ればいいかわからん!)な状態なので、変に弄らすできるだけ基本に準拠する方向で。
 
 
 ブラケットのカバーをめくってヘキサボルトで調整。
 5mm程近くしてもらいました。
 
 この辺りの調整方法も徐々に覚えていきましょう。
 
 
 ショップからの帰り道。うん、こっちのが前よりは乗りやすいですね。
 
 ただもうちょっと?と思う部分もあるのでこれもまたいずれ。
 
※ま、いずれ自分でバラバラに(をい)
 
 
20170127
※まだ下ハンドルを使うのが怖くて怖くて・・・
 
 
 
 


◆↓「初心者サイクリスト」に参加中↓◆
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

| | コメント (0)